www.ecobargeservices.com

.

.


普通、クレジットカードの上限額が使用者が通常使用する以上にゆるくなっていると使用者は安心だと無駄にカードで決済してしまったりするものですね。クレジットカード乱用をコントロールするためにクレカの限界額を少なくセーブしておこうという意見がこれから見る文の主題です。カードの限度額をコントロールする方法▼契約カードの利用限度額をコントロールする手順は、月の限度額を引き上げる手順と同様、手軽です。カードの背面にある専用窓口にダイヤルして、「月ごとの限度額を下げてもらいたいです」等とオペレーターへ言うだけです。普通は現時点での月ごとの限度額と比較して低いのであれば、時間のかかる審査もなくその場で限度額の引き下げが終わってしまいます。月の利用限度額を少なくしておくのは防犯に繋がる■クレカの上限のコントロールは、自分をコントロールできるという効果だけではなく被害に遭わないようにすることにもなります。仮に、使っているクレカが紛失等により悪用されてしまったような状況でも前もって持っているカードの月の限度額を少なくコントロールしておくなら実害を出来るだけ少なくすることが可能だからです。ここで言っておきたいのはもし仮にクレカが悪用されることになったような状況でも保有者に過失にあたることがない限り、盗難保険と呼ばれるものが利用者をフォローしてくれるから過度な心配は必要ないけれどもしものことを頭に入れておき設定が高いならば月ごとの限度額はセーブしておくと良いでしょう。使いもしない上限設定は良くないことなんです。